写真の保管方法に悩む人のためのお役立ちサイト

>
この記事をシェアする

保管方法が大きな課題になる

自分に合った方法で保管

写真をリアルタイムで見るためには、プリントにして保管することが理想的です。
そうすることで、IT機械が苦手な人も写真を見ることができます。

ただし、写真が整理できていないと、お目当ての写真までたどり着けません。

写真を楽しむためにも、アルバムに整理しましょう。
ポケットアルバムなど、いろいろなタイプのアルバムがありますので、置き場所を考慮しながら選ぶとよいですね。

もちろん、ネガの整理もきちんと行いたいものです。
ネガが残っていると、欲しい写真ができた場合に焼き回しすることができますよね。
ただし、写真やネガは光や湿気などを嫌うため、それらの影響を受けない場所で保管することが大切です。

古い写真やネガは、専門業者に依頼してデータ化するほか、写真をフォトブックにしてもよいでしょう。
携帯端末の写真をプリントできるサービスもあり、パソコンやプリンターを持たない人の間で重宝されています。

複数の保管方法を取り入れる

写真を保管するには、保管場所が鍵を握ることがわかりました。
しかし、それで安心するのではなく、複数の保管方法を取り入れることが大切といえます。
パソコンに写真を取り入れる場合も例外ではありません。
これは、写真の保管だけでなく、すべてのデータに通じるのではないでしょうか。

せっかくの写真を台無しにしないためには、データのバックアップを習慣付けましょう。
身近な方法として、外付けのHDDをはじめ、DVDやBDなどがあります。
そのひとつ、HDDは大容量の保管に向いていますが、長期間の保管ならDVDなどのほうがよいかもしれません。

また、クラウドで保管する方法も注目されています。
こちらは、インターネット環境があれば利用できるため、ふだんから使っているパソコンにトラブルが発生した場合も安心です。
クラウドの利用に際しては、料金体系などの確認をしておきましょう。


Copyright © 写真を撮った後の保管ってどうしてる?. All Rights Reserved.

TOPへ戻る