写真の保管方法に悩む人のためのお役立ちサイト

>
この記事をシェアする

デジタルカメラで撮影した場合

場所を取らない

デジタルカメラで撮影した写真は、SDカードを使って保存できます。
撮影後は画面で確認できるため、失敗した写真を消せるメリットもあります。
また、SDカード容量の残る限り、続けて撮影することが可能です。
そのため、アナログカメラのように、フィルムの枚数を心配しなくてもよいですよね。
 
もちろん、デジタルカメラで撮影した写真をプリントする方法もあります。
その場合でも、プリントしたい写真を選ぶことができます。

デジタルカメラで撮影した写真をプリントするときは、パソコンに保管します。
そのためには、パソコンとデジタルカメラをUSBケーブルでつなぐほか、デジタルカメラからSDカードを取り出してパソコンに入れる必要があります。

また、データのままでパソコンに残せるため、写真の保管場所を取らないことが大きなメリットといえます。

データが消えるなどの恐れも

デジタルカメラで撮影した写真は、不要なものを消せるメリットがありますが、それがデメリットになることも知っておきましょう。
操作を誤ると、本来残しておくべき写真を消してしまうのです。

そのような事態を防ぐためには、デジタルカメラの操作を熟知しておくことが大切です。
また、子どもにカメラを持たせる場合は、十分に注意しましょう。

パソコンに写真を取り込んだ後に、データを消してしまうかもしれません。
パソコンにトラブルが起きることも考えておきたいですよね。
IT機器は、いろいろと便利なだけに、それに頼り切ると代償が大きく、受けるショックも半端ではなくなります。

もちろん、カメラが壊れるリスクはアナログカメラの場合にも通じる話です。
そうならないためにも、モノを扱うときは丁寧にするように心掛けましょう。


Copyright © 写真を撮った後の保管ってどうしてる?. All Rights Reserved.

TOPへ戻る