写真の保管方法に悩む人のためのお役立ちサイト

>
この記事をシェアする

写真は保管方法が大事!貴重な思い出を大切に残そう

いつでも見られる

写真には、ひとりで撮ったものをはじめ、家族での写真、修学旅行での団体写真などもあります。
また、写真のサイズもいろいろですよね。

これらの写真は、撮影後にプリントして残すことが一般的です。
そうすることで、いつでも見られるメリットがあるのではないでしょうか。
リビングに飾っておく、手帳に入れておくなど、写真の扱い方は人それぞれです。
しかし、写真の人物や風景などを身近に感じられる共通点があります。

撮影した写真は、額縁に入れてプレゼントすることもできます。
離れて暮らす祖父母に孫の写真を贈ると喜ばれますよね。
結婚式の写真を部屋に飾っておくと、困難に直面したときの原点になるでしょう。

なお、撮影後にプリントできるのは、アナログカメラで撮影した写真に限らないことも知っておいてください。

写真やネガがかさばることも

写真を撮影した後は、プリントしたり焼き回しをしたりするほか、ネガ(フィルム)の状態で残すことができます。
そのためには、写真やネガの保管場所が必要になります。

撮影した写真をネガにするまでの時間は人それぞれです。
カメラに入れたフィルムを使い切るのに時間が掛かるほか、写真店へ行くタイミングも異なりますよね。

写真店から帰り、すぐにアルバムに整理していくと、それほど手間には感じません。
慣れれば簡単なことです。
しかし、日常の忙しさにかまけて、ついつい放置する人もいるのではないでしょうか。

プリントした写真が溜まってくると、写真を整理すること自体がストレスになるかもしれませんね。
そうならないためにも、日頃から写真を整理する習慣付けを行いましょう。
特に、日頃からカメラを持ち歩く人は注意が必要です。


Copyright © 写真を撮った後の保管ってどうしてる?. All Rights Reserved.

TOPへ戻る